【詫び】”韓国人のウマル”こと安田純平さんが日本政府に謝罪も自己責任については自業自得と発言?

【詫び】”韓国人のウマル”こと安田純平さんが日本政府に謝罪も自己責任については自業自得と発言?

内戦下のシリアに2015年に入国して武装勢力に拘束され、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が2日、東京都千代田区の日本記者クラブで帰国後初めて記者会見し、「解放にご尽力いただいた皆さんに深く感謝します」と謝意を示した。

冒頭、感謝の気持ちを述べて頭を下げた。さらに「私の行動によって、日本政府が当事者にされてしまったことも申し訳なく思っている」と発言。「何が起こったのか説明する責任がある」として拘束から解放までの経緯を説明した。

(記事抜粋)

[出典:産経新聞]
[敬称略で失礼します]


お前らの今の気分


「うさんくせー」


「ワイもそう思う」


現地のうまるファンとコスプレ遊びしてたようにしか見えなくなったわ



なお安田と一緒に監禁されたカナダ人
至って健康な模様


ジャーナリスト安田さんが誘拐中に受けた被害まとめ

・食事中にテレビ見るの禁止
・ごはんのおかわり禁止
・食後のデザートを取り上げられる
・ジュースはおやつの時間しか飲ませてもらえない
・騒ぐと隣の房の人質が殴られる
・おかしいとは思ったけどほいほい着いていったら捕まった
・捕まえた組織の名前は分からない
・仕事用のカメラとかパソコン盗られた
・意外と待遇良くてテレビもネットも見れるし食事も腹いっぱい食えた
・食事は1日2回、拘束した側と同じメニュー、時々スイーツ付、ピザ付き
・日本への身代金要求することにしたと言われた
・「絶対にお前を殺さない」と言われた
・色々苦労して一緒にビデオ取ったり頑張った
・向こうでのあだ名はニダール
・毎日日記をつけていた
・謎のテロリスト「俺たちは紳士的な組織だと日本の皆に伝えてほしい」

勝手に電気消す拷問 暑いのに扇風機消す拷問も


ウマル嫁


なぜ韓国人「ウマル」はチキン国家日本に助けを求めたのか?

まとめ


韓国人
パスポート
Twitterの過去の発言
これに触れない記者クラブは消えるべき

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください