【劣化】関根麻里が”激太り”で出産後タレント活動再開も”オバサン状態”で需要無し?

PR

関根麻里、出産後初イベントでの激太りぶりに報道陣が「誰、このオバサン?」

関根麻里が10月25日、昨年11月に韓国人歌手Kとの間に第一子となる長女を出産後、初イベントに出演した。同イベントに駆けつけた報道陣たちは、関根のあまりの変わりように、わが目を疑ったという。

「独身時代の細身のスタイルが激変。面影さえ消えていました。とんがりアゴは消えて二重に、二の腕は二倍の太さに、くっきり見えていた鎖骨は肉に埋まり、肩幅はガッチリして肉付きのよさがうかがえました。身長154センチ、体重45キロと小柄でしたが、ベストサイズのB82・W55・H83のプロポーションはどこへやら、明らかに激太りしていました。もうすぐ産後1年になるのに。母乳で育てると元の体重に戻るのが早いといいますが、ここまで減らないとなると、このスタイルが当分続きそうですね」(芸能ライター)

(以下、略)【PR】テレビでは流せない芸能界の怖い話 ザ・ベスト

[出典:アサジョ]
[敬称略で失礼します]


自分で子育てしてるんなら脂肪蓄えてぽっちゃりしてる方が体力もあるしいいだろう


かわいそうなこと言ってやるなよ


【PR】美しい人はみな、自己管理ができている


夏川りみ?

まとめ


ベッキー以上にコネとイメージだけの
THE 芸NO人

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。