【強姦】慶応大学のミスコン中止と広告学研究会解散の原因は集団レイプだった!

PR

「ミス慶応」中止の真相…慶応大学が握りつぶした性的暴行事件 被害女子大生が告白

慶応大学の「ミス慶応コンテスト」の中止が発表されたのは、10月4日のことだった。大学側はその理由を「複数の未成年者の飲酒」と説明し、主催サークル「慶応大学広告学研究会」の解散を命じたが、その裏にはサークルメンバーたちによる性的暴行事件があった。

被害に遭ったのは、広告学研究会に所属していた18歳の女性。9月初旬、神奈川県の合宿所にて泥酔した彼女に、複数の男性メンバーが性行為を強要したという。

「抵抗する私を1人が組み伏せ、倒れてる私の上に別の2人がかぶさってきて…」(被害女性)

男たちは、凌辱される様子をスマートフォンで撮影したほか、それ以上の絶句する他ない行いも。女性の母が大学に被害を訴えるも、慶応大学の学生部は“警察に行け”の一点張りの対応で、性的暴行事件は“なかったこと”にされていたという。

(以下、略)【PR】私は絶対許さない

[敬称略で失礼します]


これが慶應大学広告研究会の素敵なメンバーです♪
どうみてもヤリサー


【PR】実録レイプ裁判


なにこれ


一番新しい2015年海の家作った人達



キャッシュ削除されてたんでスクショで


文春砲もあるみたいよ
「慶應ミスコン中止」の陰に1年生女子「集団強姦」 加害学生を直撃! 週刊文春

まとめ


警察に行けってのは正しいだろ
刑事事件は学内だけで処理できるものではない

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。