舛添知事が韓国人学校増設でリコール必至か?海外出張費問題もあり東京五輪前には元知事に?

PR

「ソウル市への恩返し」 韓国への土地貸与に猛進する舛添知事に、都議会自民が異例のクギ

韓国人学校を増設するため、東京都の舛添要一知事が打ち出した約6千平方メートルの都有地を韓国政府に貸し出す方針に、批判の声がとまらない。都庁周辺ではデモが相次ぎ、都議会自民党も「地元や都民の声に十分耳を傾けるべきだ」とする異例の談話を出した。舛添知事は「政策判断。私の判断だ」「どんな政策をやっても批判がある」と一歩も譲らない構えだが、都心を歩けば「日本人も困っているのになぜ?」と疑問の声が渦巻いていた。

<以下、略>

[出典:産経ニュース]
[敬称略で失礼します]

都知事に韓国人を選んだ都民が悪い
東京都民は恥を知れ。







舛添知事の肝いりで決定!!
2020年東京五輪ボランティアの制服=(李氏)朝鮮王宮守衛



「今がチャンス、ソウルへお越しあれ! 東京都」
東京ってこんな街だから

韓国の学校にも修学旅行という物が当然ある。何故か日本に数多くの学校が旅行に来るようだ。最大の理由が日本で、あることを主張したいことだという。

韓国の修学旅行では学年全体での集合写真を撮影。これは日本でも同様に行われる光景である。しかし1つ異なるところがる。韓国の修学旅行生は日本語で書かれた旗を掲げ
日本人に対して 「わが領土の独島! 私たちの独島に深い愛情をもっています」と主張しているのだ。「韓国は反日教育が行われているのでこのような主張が行われ生徒も躊躇うこと無く方針に従っている」という。

このことに関しては日本国内のメディアはどこも報道しないという不自然さもある。「報道しない自由」という姿勢がこのような事実をうやむやにしてしまうのだろう。

奈良にやってきた韓国人修学旅行


京都にやってきた韓国人修学旅行

大阪にやってきた韓国人修学旅行

広島にやってきた韓国人修学旅行


怖いのは防衛省から1㎞も離れてないところに日本政府の支配が及ばない大規模の建物が二か所もできるってこと


庇を貸して母屋を取られる

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。