【屑男】今井絵理子先生と不倫中のゲス中のゲス・橋本健神戸市議が新潮道前日に離婚を強要していた?

PR

報道前日に「離婚届に判を押せ」、「今井絵理子」略奪不倫の橋本健市議、結婚生活は破綻の嘘

今井絵理子・参議院議員(33)との不倫により、一躍全国的にその名が知られることになった橋本健・神戸市議会議員。「週刊新潮」報道の前日に、驚きの行動に出ていた。

「去年の8月になって、突然、橋本が離婚の申し出をしてきた。そして、9月になると、いきなり近くにマンションを借り、家を出ていってしまったんです」

昨年8月9月といえば、橋本氏が今井議員と出会って4カ月目、今井議員が当選した参院選の直後に当たる。これにつづいて今年3月に離婚調停を申し立てた橋本氏だったが、「週刊新潮」が発売される前日の7月26日になり、突如妻に“会いたい”と連絡をしたという。

「代わって弁護士が会うと、何と言ったと思いますか? “離婚届に判を押してくれ”ですよ。そんなことは出来ない、と弁護士は席を立ったんです」

記事が出る前日に離婚を成立させ、不倫ではないと強弁し、虚偽の「婚姻破綻ストーリー」を補強しようとしたのだろう。一連の経緯について橋本氏に取材を申し込むと、「記者会見でお話しさせていただいたとおりです」と回答。妻や2人の子どものことは考えず、頭にあるのは自分と今井議員の“保身”だけ。人として「一線を越えた」卑しさを十二分に感じさせる。

(記事抜粋)

[敬称略で失礼します]


アホでしょこの二人


おそらく新幹線の手つなぎ写真の後
指輪アッピル


大阪のホテルお泊まりの後
子供と仲良しアッピル


ハシケンツイッター更新してない癖に今井はフォローしてるのな。


『しがらみのない性事』を実現した結果がコレや。


今井絵理子「橋本市議と深夜まで原稿を書いていた」


土曜のイベント関係者「原稿なんか見てなかった」
日曜日のイベント関係者「今井はあいさつだけしただけで2~3分だった」


人を見る目の無さは超人的

まとめ


車の名義変更みたいにサクッと済ませようとしてる感w

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。