【発狂】豊田真由子さまが赤ちゃんバージョンを発表!細田総務会長は「高速道路逆走が原因」と意味不明な擁護!

PR

豊田真由子議員 ミュージカル赤ちゃん言葉リミックスバージョンを新たに公開

刊新潮から提供された音声データには、運転手の走行経路への強いこだわりが…。「バーカ! お前ふざけんなよ、この野郎!!」「死ねば! 生きてる価値がないだろう」などという耳を覆いたくなるような叫び声と共に、「豊田真由子様に向かって…」「あるんでちゅか? あるなら どうしてそんなことにな・る・の・か・な―?」と得意のミュージカル調に赤ちゃん言葉をミックスさせた新バージョンも紹介した。

MCの羽鳥慎一(46)は「潜在的に自分が上なんだという思いがある」とコメント。高木美保(54)は「日常の基本にストレスと不安感がある人。このはけ口がなければ潰れていたんじゃないか」と分析した。

(記事抜粋)

「人が死んでもすいませんで済むのか」 豊田衆院議員 暴言は「高速逆走が原因」 会見で自民・細田氏

自民党の細田博之総務会長は27日の記者会見で、政策秘書に対する暴行問題で離党届を提出した豊田真由子衆院議員が「高速道路の逆走が原因」と語っていることを明らかにした。細田氏は「本人も反省するところは反省している」とかばった。豊田氏は同党細田派に所属している。。

細田氏によると、秘書が豊田氏を乗せて高速道路を運転中に出口を間違え、逆走しようとしたのが発端。「人の命をなんだと思っているんだ。高速道路を逆走したら人は死ぬじゃないか」と怒った豊田氏に秘書が「すいません」と謝ったため、「人が死んでもすいませんで済むのか」とさらに詰問したという。

(記事抜粋)

[出典:毎日新聞]

豊田議員の夫「子供にこんな母親は見せられない」と出てい

日本一偏差値が高い女子校・桜蔭高校、東大卒で厚労省の官僚に。2012年12月に選挙に当選したという“エリート”プロフィールからは想像できない横暴ぶり。豊田議員の厚労省官僚時代の元同僚が語る。

「彼女は官僚時代からアクの強い人でしたが、代議士になると、ますますエスカレート。何の恨みがあるのかわかりませんが、厚労省時代の先輩たちをアゴで使い出したんです。彼女が厚労省の職員を呼び出した時、来たのが課長補佐クラスだと“課長連れてこい!”と怒鳴り散らすので、職員は辟易としていましたよ。

国交省で働く夫に対しても口汚く罵るようで、最初はじっと耐えていた彼も、小学生の2人の子供のために“これ以上こんな母親の姿を見せられない”と家を出て、今は別居状態。子供たちのことは豊田議員の母親が実家で面倒を見ていると聞いています」

(記事抜粋)

[出典:女性セブン]
[敬称略で失礼します]


そんなつもりじゃなかったんでちゅぅ~♪





2.3.4月と連続して秘書とスタッフが退職してるしやべえよこいつ


一緒に働いてる秘書を人間扱いしてないんだよ
国民なんか石ころ以下だと思ってるよ


豊田真由子が苦し紛れで作ったウソ話で擁護するとか
細田もバカなヤツだ。

まとめ


秘書100人遁走
旦那遁走
子供遁走


細田擁護w

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。