宮崎謙介議員の不倫相手は宮沢磨由?ゲスな不倫騒動に宮崎は逃亡中!

昨年末の自身の結婚式で「夫の育児休暇発言」で物議を醸し、また、妊娠中だった夫人の金子恵美衆院議員を甲斐甲斐しく世話をする姿がテレビなどで報じられていた宮崎謙介議員が、”ゲスな不倫”をしていたことが報道されました。不倫相手は宮沢磨由というタレントで、年齢は宮崎謙介より1歳年下の34歳ということです。

スクープしたのは”あの”週刊文春で、宮崎謙介が政治活動の一環として帰省していた地元京都が不倫の舞台と言われています。さらに、驚かされたのは妊娠中だった妻が入院中だったタイミングでの浮気という、ゲスっぷりの際立った報道がされています。

この騒動を受けて出席していた衆院本会議後の対応が注目されていましたが、報道陣の目の前から守衛に囲まれ”走ってはいけない”とされる国会議事堂内で走って逃走。今現在も、なんのコメントも発表されていません。

このような事態や宮崎の態度を受けて地元京都では、呆れた声を上げる有権者が多く、自身の次期選挙どころか、安倍政権に対する逆風の火種となる可能性すらあります。さらに、育休どころか永久にお休みとなる可能性もあり。今後の成り行きに注目です。

[敬称略で失礼します]

PR

宮崎謙介は不倫相手・宮沢磨由の悩殺ボディに目が眩んだ?

国会議員として「育児休暇取得」を宣言し、議論の渦中にあった自民党の宮崎謙介衆院議員が、京都の自宅で女性タレントと密会していたことが、『週刊文春』(2月18日号)により明らかとなった。“ゲス不倫”のお相手とされるのは、現役タレントで90cmのふくよかバストを持つ“ゴージャス艶姿”の宮沢磨由さん。

(中略)

「色白でグラマラス、初対面の印象からゴージャスで魅力的な女性でした。当時すでに20代後半で『グラビアはラストチャンス』と思い立ち、『いい意味で流れに身を任せよう』と決意して応募してくれたようですが、取材しながら、あなたなら『女性として輝くチャンスが向こうから寄ってくる』というような話しをした記憶があります」

『週刊文春』によると、二人の出会いはナンパだったという。「向こうから寄ってきた」のが既婚の宮崎議員だったのであれば、皮肉な話である。

不倫密会の6日後の2月5日に、妻の金子恵美衆院議員が男児を出産。宮崎氏も立ち会っている。2月2日付の『毎日新聞』では「ここまで批判があるなら、絶対に折れるわけにはいかない。女性だけに産め、働け、育てろなんて不可能だ。男性の育児参加がなければ、女性活躍と少子化対策の一方は諦めなくてはならなくなる」と力説。おもに女性たちの共感を集めていた“イクメン”の宮崎謙介衆院議員だが、まさか美女との密会にうつつを抜かしていたとは……。 

[出典:週刊SPA!]


マジかよ~

★はじめて来た人のための登場人物紹介

宮崎謙介(35歳)

元嫁・加藤鮎子(加藤紘一の娘・衆院議員、36歳)

今嫁・金子恵美(ミス日本関東代表・衆院議員、37歳)

不倫相手・宮沢磨由(ミス湘南、巨乳和服タレント、34歳)


宮崎謙介(35歳) (修正後)


(修正前)



どうみてもイケメンじゃありません本当にありがとうございました


ミス湘南



ミス日本(関東代表)



ミス日本(西日本代表)



ミス東大

育休パフォーマンスにより知名度up


単純に遊びたかったんだろうな


宮崎謙介さん金子恵美さん
投稿日: 2015年8月4日


イクメン議員として売り出す予定が
ゲスの極み不倫議員になってしまった

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。