【韓流】フジテレビ凋落の元凶に勘違い幹部による女子アナなどへのレロレロがあった?

PR

フジテレビ幹部の夏野亮氏が新人女子アナ永尾亜子に強制した低劣な行為 「ULTRA JAPAN」のVVIP席でレロレロと舌を絡ませ…

今年9月、お台場・フジテレビ前で行われた音楽イベント「ULTRA JAPAN」の会場で、まさに目も当てられないハレンチ行為が繰り広げられたという。音楽ライターが解説する。

VIP席は一般人でも購入することができますが、VVIP席は非売席のため入場できるのは関係者、もしくはスポンサーだけになります。このセレブ限定の場にふらりと入っていったのが、夏野さんだったんです」(フジ関係者)

夏野氏とは、フジテレビ第二制作センター室長の肩書を持つ、夏野亮氏。かつては「めちゃイケ」のディレクター、最近は「FNS歌謡祭」の制作を手がけるフジテレビ幹部だ。

音楽番組の最高責任者の夏野氏だけに、このセレブ席でも違和感はなかったというが、異彩を放ったのは夏野氏が同伴していた親子ほどに年の離れた女性の姿である。フジ・永尾亜子アナ(22)だった。

「2人はかなり酒に酔っていたようで、ついには男性が女性を引き寄せ、半ば強引に唇を奪うと、まさに音を立てんばかりに1分ぐらいはレロレロとお互いの舌を絡ませ合うディープキスでした」

「VVIP席とはいえ、周囲には、イベントを運営するエイベックスの社員やフジテレビ社員ばかりか、有名ブランド企業の社長など複数の関係者も同席していましたが、あまりの痴態に皆ドン引きしていました。中にはおもしろがって、公然キスシーンをスマホで撮影する人までいた。ただ、酔いが手伝ってか、諦めたからか、永尾アナは抵抗していませんでした」(イベント関係者)

実は、この夏野氏は、直近でスキャンダルが浮上したばかり。「週刊文春」(12月1日号)が夏野氏の悪質セクハラを報じたのだ。

記事によれば、今年7月に行われた「FNSうたの夏まつり」の打ち上げの宴席で、同席していたレコード会社の女性社員の胸を触ったうえに、別のレコード会社の女性の陰部もしつこく触ったという。この件に関し、当のレコード会社は2社ともセクハラ行為とフジテレビへ抗議したことを認めている。

(記事抜粋)

【PR】フジテレビ凋落の全内幕

[敬称略で失礼します]


永尾亜子



結構可愛いじゃん。
こんな娘とレロレロだとう?ああああ?



くっ、清純そうなのに。。


写真は兄のほうしかでないなw
文春記事はおいとく


※クリックで拡大【PR】フジテレビはなぜ凋落したのか


加藤綾子のほうがキス上手だと思う





レロレロしなかったらその後もっと酷い目にあいそうだし
この女子アナにとっては災難なことになってしまったな

まとめ


イケイケの子かと思ったら
めちゃめちゃ清楚そうな子やん!

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。