【リオ五輪】手倉森ジャパンが藤春の華麗なオウンゴールなどでコロンビアと痛恨のドロー

PR

日本代表、浅野&中島弾で2点差追いつく!スウェーデンとの最終戦に望み

(記事途中から)

スコアが動いたのは59分。コロンビアが左サイドから攻め込むと、グティエレスがロドリゲスとのワンツーから右足シュートを放つ。植田が体に当てたが、ゴール左に決まってしまいコロンビアが先制した。

先制された日本は、62分に矢島と井手口を下げ、南野拓実と大島僚太を投入した。しかし、ここで日本に痛恨の失点が生まれる。左サイドを突破され、ミゲル・ボルハに左足シュートを打たれる。これはGK中村がなんとか弾き返したが、こぼれ球を藤春がクリアしきれずに自陣ゴールを割ってしまい、オウンゴールで追加点を献上してしまった。

2点を追いかける日本は直後の67分、大島の縦パスを受けた南野がエリア内の浅野へパス。これを浅野がゴール左に決め、1点を返した。さらに74分、エリア手前でボールを持った中島が右足で強烈なミドルシュートを放つ。ボールはGKの頭上を越え、クロスバーに当たりながらゴール中央に決まった。日本が連続ゴールで同点に追いついた。

日本は80分に藤春を下げて亀川諒史を投入し、勝ち越しゴールを狙う。後半アディショナル3分には、相手最終ラインの裏に抜け出した浅野がGKと一対一になる。ワントラップから右足シュートを狙ったが、GKボニージャが飛び出してセーブ。CKに逃れた。このまま日本は最後まで追加点を奪うことができず、2-2のドローに終わった。これで日本は2試合を終え、1分け1敗の勝ち点1となった。グループBのもう1試合ではナイジェリアが1-0でスウェーデンを下したため、日本の決勝トーナメント進出は第3戦のスウェーデン戦で勝つか引き分け、ナイジェリア対コロンビアの結果次第となる。

[出典:SOCCER KING]
[敬称略で失礼します]

オーバーエイジ藤春の見事なシュート


調子のってんじゃねえぞ


敵のスパイ 藤春選手



井手ロ選手(未成年者) 飲酒喫煙疑惑


気持ちはわかるがwwwwwwww
わかるがさあwwwwwwwwwww


仮に勝ち点2で3チームが並んだ場合初戦の4-5の馬鹿試合が効いてくるなww

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。