清原和博が覚せい剤をやっていたことを巨人選手全員が知っていた?元同僚・野村貴仁が明かすも衝撃の風貌が話題にw

覚せい剤取締法違反で逮捕された元プロ野球選手の清原和博ですが、所持以外にも使用も認めており、今後はいつ頃からの仕様だったのかに注目が集まっています。

そんな中、巨人時代の元同僚が、「みんな知っていた」という発言があり、清原が現役時代から覚せい剤を使用していた疑いが出てきました。

さらに問題なのが「みんな知っていた」ということが事実ならば、当時の選手たちの対応や球団の管理問題にもなり、球界全体を揺るがす大問題に発展する可能性もあります。

また、清原の「常習性」も深刻なようで、執行猶予の判決が予想される中、本当に清原がクスリから縁を切れるのかにも世間は注目し始めているようです。

[敬称略で失礼します]

PR

賭博にシャブに不倫となんでもありのジャイアンツ

元プロ野球選手でタレントの清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件で、巨人時代の同僚(47)が現役時代の覚醒剤使用について「チームメートもみんな知っていた」と衝撃の証言をした。8日放送のフジテレビ系情報番組が報じた。この元同僚は2006年に同法違反(使用)容疑で逮捕=有罪確定=されたが、現役時に清原容疑者と球場で薬物のやり取りをしていた可能性も浮上した。

(中略)

この元同僚は2006年10月、高知市内で覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された。同年12月に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡され確定している。当時、清原容疑者は元同僚から覚醒剤を入手していたことが疑われて捜査線上に浮上したとされるが、逮捕には至らなかった。元同僚は同番組に対して、「自分は清原容疑者に対してクスリの仲介的なこともしていた」と明かした。

さらに、「清原容疑者が覚醒剤をやっていたのはチームメートもみんな知っている」とも証言。同番組は、覚醒剤の受け渡しが球場内でも行われていたと伝えた。

清原容疑者は元同僚の逮捕を非常に気にしていたようだ。元同僚は「逮捕された後、『オレのこと警察に言っていないよな』と清原容疑者が電話で聞いてきた」としている。

(中略)

元同僚は巨人以前のオリックス在籍時から「グリーニー」と呼ばれる興奮剤の錠剤を外国人選手のすすめで使い始め、同僚選手にも分け与えていたと自身の公判で証言していた。疲労回復などの効果があり、コーヒーに混ぜて飲むことが多いとされるグリーニー。清原容疑者もこのグリーニーから、“覚醒剤のアリ地獄”にはまり込んだ可能性も指摘される。

[出典:SANSPO.COM]


私の知り合いがが初めてくれた薬物。
それは覚せい剤で私は24歳くらいでした。
その味は甘くてクリーミーで、私はきっと特別な存在なのだと感じました。
今では私が薬物中毒。
知り合いにあげるのはもちろん、覚せい剤。

なぜなら、彼もまた特別な存在だからです。

野村の姿みてショックを受けた。メジャーリーガーがああなるなんて悲しすぎ(笑)


つか、野村こんなこと言って大丈夫なのか
渡してたっていうけど、実際は売ってたんだろ?w









巨人選手名鑑

この写真を見て、いつも思うんだけど手に持っているものは、いったいなんなの?


清原出てきたら斧もってやってくるぞ

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。