バドミントン桃田賢斗選手と田児賢一選手が闇カジノ賭博でリオ五輪出場は絶望か?

PR

桃田・田児両選手が闇カジノで賭博!「100万円単位で賭け」関係者証言

リオデジャネイロ五輪のバドミントン男子で日本代表入りが確実視される世界ランク4位の桃田賢斗選手(21)と、2012年のロンドン五輪で日本代表だった田児(たご)賢一選手(26)=ともにNTT東日本所属=が東京都墨田区の違法な闇カジノ店=平成27年3月に警視庁が摘発、閉店=に出入りしていたことが6日、分かった。この店の元経営幹部や常連客らが、産経新聞の取材に「大金で賭博をしていた」と証言。NTT東日本広報部は「両選手に確認した結果、ともに『闇カジノ店に行ったことがある』と認めた」と回答した。

<中略>

闇カジノ店の元経営幹部の男性(47)によると、田児選手は26年12月ごろ、客引きの紹介で、違法なバカラ賭博を行っていたJR錦糸町駅に近い同店を訪問。約1週間後、田児選手の紹介で桃田選手が訪れた。この男性は「2人とも頻繁に来ていた。田児選手は多いときは100万円単位、桃田選手は数万~数十万円単位で賭けていた。最終的に2人で計1千万円以上は負けていた。ラケットを持った十数人の後輩らしき男女を連れてきたこともあった」と証言した。

<中略>

2人は2014年5月の世界国別団体戦「トマス杯」で、日本男子が初めて世界一に輝いたときの中心選手。桃田選手は昨年の世界選手権3位で、3日に閉幕したインド・オープンで優勝するなどエース級の存在。田児選手は平成25年に全日本総合選手権6連覇を果たしている。

NTT東日本は取材に「現在は海外遠征中で詳細な事実確認が困難なため、帰国次第、他の関係者らを含めて事情を聴き、対応を検討する」と回答。日本バドミントン協会は「本人と関係機関に確認し、事実が確認できれば処分を科すことを視野に入れて検討する」としている。

[敬称略で失礼します]

仮に賭博が1回だけなら有期の出場資格停止処分で済むのかもしれないけど、かなりどっぷりみたいだし選手生命終わったな


悪そうな顔してんな


賢…チ○ン顔なんだよな~
元々狭い二重だけど、くっきり二重に整形済み




整形な




      


NHK速報で来たね
桃田はリオ五輪に推薦されません
常識のある対応でなにより


一方で闇スロに出入りしてた人間を明かさず東京五輪を目指すレジャーあるらしい・・・嘘だよな?

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。