なでしこジャパンがオーストラリアに完敗!殺人的日程でリオオリンピック出場は難しい状況に?

リオデジャネイロ五輪出場を目指すサッカー女子日本代表の”なでしこジャパン”がアジア最終予選の初戦オーストラリア戦に挑み、残念ながら1-3で敗れました。

強風が吹く中での試合となりましたが、フィジカルで日本を上回るオーストラリアが試合終盤まで日本を押し込む展開となり、不運な失点もありましたが完敗と言っていい内容でした。

ネットではGK山根の不用意なプレイや大野の先発起用、宇津木の不在などいろいろと議論されていますが、チームとしては1敗は1敗と気持ちを次戦の韓国戦に向けなければなりません。

ただ、この五輪予選は6チーム中2チームしか五輪に出場できないという、大陸別に見ても最激戦区です。あわせて、中1日や中2日というアホみたいなスケジュールなので、初戦の重みはなでしこたちも十分わかっていたはずですが、その気迫というか意気込みがあまり伝わってこないゲーム内容でもありました。

残り4戦を全勝するしかリオへの道はない状況になりましたから、次戦韓国戦ではとにかく勝つことが求められます。それも中1日でです。

予選は始まったばかりなのに、すでに黄色信号が点ったと言っていいでしょう。

[敬称略で失礼します]

PR

なでしこ、オーストラリアに1-3敗戦 まさかの5位発進 パスが主審に当たる不運で2失点目 リオ五輪アジア最終予選

サッカー女子リオデジャネイロ五輪最終予選(29日、豪州3-1日本、金鳥スタ)4大会連続の五輪出場を目指すなでしこジャパンは、豪州に3失点を喫し黒星スタートとなった。得点は前半ロスタイムにFW大儀見優季(28)=フランクフルト=が挙げた1点のみ。6チームが総当たりで対戦し、上位2チームが五輪出場権を獲得する最終予選で苦しい船出となった。なでしこは次戦、3月2日に韓国(金鳥スタ)と対戦する。

敗れた佐々木監督は「我々にもチャンスがあったが、決めきるという部分で豪州が上回ったということ」と、この日の戦いを振り返った。反撃は大儀見の1点にとどまり、「そんなに悪い戦いではなかったが、相手の攻撃を防げなかった」と守備の課題を口にした。

黒星発進したことで、この後の戦いは苦しくなったが「もう一戦も落とせなくなった。切り替えてやるしかない」と前を向いた。「韓国戦は勝ちきれる試合にしないといけない」と、次戦を見据えた。

[出典:SANSPO.COM]

日本 vs オーストラリア 総合ハイライト映像

なでしこ リオ五輪最終予選 アジアは世界NO1激戦区!!


日本が持ってるのに主審はなんで日本陣地方向へもどってるの?
当たってこぼれたの別にしてもパスコース消しに来てるだろ


ここだけ切り取って見ると、故意にボールに関与してるようにしか見えんなw


海堀引退したから山根しかいない。
彼女は波があるよ、好調の時は大きいのでまさに壁になる。
駄目な時は穴になるw


山根がよかった時なんてあったっけ?w
まったく記憶にございません


いつだったかの米国戦よかったぞ


これでもか


この2人が揃えば・・・


鮫島だけ女として見てしまう
なんでだろう


走り方


理由はいらないだろ





岩渕の上の子だれ?


ポム?

貝掘りさんやん

岩渕じゃないよ

岩渕いねーし

大野の右って、岩渕じゃないんだ(汗)

高瀬の横に戸部誠七段おるな

近賀の帽子なんとかしろよこれ

ポムの事だろうけど前にいるの京川だぞ

この中で女は右側にいる茶色いコート着てるコだけだな


兄貴が一番女らしいじゃねえか

ご登場いただいた関係各位さまには、まったくもって他意はございません。
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。